FC2ブログ

Entries

親父の家政婦だった女 第二十三話

第一話へ第二十二話へ 同じ晩、俺は布団の中で先程の会話を反芻していた。どうやら、俺が訊いた「いつまでこんなことを続けるつもりか」という問いは、要するに「いつになったら前みたいにいたずらを仕掛けてきてくれるのか」ということを訊きたかったようだ、ということに気がついた。それを自覚せずに口に出してしまったのだから、「こんなこと」の内容を聞き返された時にしどろもどろになってしまったのは当然だった。...

リンク紹介

ドレインとーさんのサイト。小説や自作RPG。実は「みんなでBF小説」カプセルホテルの頃からのファンです、と古参ファンアピールをしてみる。とーさんの作品に出会っていなかったらたぶん今の私の変態性はここまで開花していなかったであろうと思われる。「お姫様の戯れ」「幸せスクリブル」は名作。でも個人的には「陰湿サラダボウル」の小編が一番好き。FEMDOM EMPIRE -女権帝国-←Newclitlickslutさんのブログ。私の英語読解が正...

親父の家政婦だった女 第二十二話

第一話へ第二十一話へ 或る晩、いつも通り夕食を終えて錠剤を服用しようとした手をふと止めて、聞いてみた。...

親父の家政婦だった女 第二十一話

第一話へ第二十話へ その日の事件はそれで済んだ。それから数日の間、俺の生活は何事もなく平和に進んだと云ってよい。無論、自分が何を約束してしまったのかはよく分かっていたから、毎食後の錠剤はきちんと十錠ずつ飲んでいたが、服用初日に感じたような急激な精子生成作用などというものは実際は錯覚で、例えばコーヒーを飲んだ直後に目が覚めたような気になるのと同様――カフェインはそんなに速く効くものではない――、偽薬効果...

親父の家政婦だった女 第二十話

第一話へ第十九話へ「実は、ひとつお願いが、約束していただきたいことがあるのですが……」...

悪魔とトオル 第十三話

第一話へ第十二話へ「じゃあ、死後の魂だけでいいわ。それならばどう?」...

悪魔とトオル 第十二話

第一話へ第十一話へ 私は13号室の中に幼女の姿で現れ、トオルに云いました。「カラオケの店員さんにこの部屋の中身を見られたらトオル、あなた、捕まっちゃうわね。かわいそうに、ご愁傷様」...

悪魔とトオル 第十一話

第一話へ第十話へ トオルが気がつくと、アヤはぐったりしていました。息があるのかないのか、トオルは確かめようともしませんでした。...

悪魔とトオル 第十話

第一話へ第九話へ トオルがケイスケの胸を刺してからケイスケの身体が床に落ちるまで、ずいぶん長い時間のように思われました。その間、私は、トオルが自分のしたことをキチンと冷静に理解できるように、トオルの魂に普段以上の理性を与えました。...

悪魔とトオル 第九話

第一話へ第八話へ トオルはあとからカラオケ店にやってきて、別の階の部屋に入りました。部屋をできる限り暗くし、カラオケの音量を小さくして、申し訳程度に歌の練習をしているふりをしていました。...

悪魔とトオル 第八話

第一話へ第七話へ「素晴らしいわ。これで繋属の儀式はすべて完了した。あなたの魂は今、トオル、魔力を鎧って常人を超越したわ。その力で、あなたの望むことを成し遂げなさい」...

悪魔とトオル 第七話

第一話へ第六話へ ヴァギナに呑まれてトオルのペニスはいよいよ熱くなりました。トオル自身にも、性欲なのか、快楽なのか、苦痛なのか、よくわからなくなっているはずでした。ただ熱く、鼓動が速く、ペニスが硬くなっていました。私は腰を前後に揺すりました。結合部分からくちゅくちゅと不浄な音がしました。...

悪魔とトオル 第六話

第一話へ第五話へ 次の日、私はトオルに高熱を出させ、学校を休ませました。トオルのお母さんは家にいて家事をしていましたが、基本的にトオルは寝室で一人で寝込んでいました。...

悪魔とトオル 第五話

第一話へ第四話へ私はわざと知らないふりをしてみようと思いました。...

悪魔とトオル 第四話

第一話へ第三話へ その晩のアヤの夢は図書室のカウンターでした。別のクラスの女の子を一人挟んで、その向こうにトオルもいました。アヤはトオルと同じ図書委員の仕事でカウンターに座っているのでした。...

悪魔とトオル 第三話

第一話へ第二話へ その日の晩、アヤはバスケ部の練習の夢を見ていました。何とか云う名前の親友の女の子とのパスの息が合わなくて悔しい思いをしている、ありがちな夢でした。私は後輩の姿になって、アヤを呼びました。...

悪魔とトオル 第二話

第一話へ トオルは頷こうとしたのを一旦躊躇って、少し考えました。...

悪魔とトオル 第一話

 誰かが悪魔を喚んでいました。私が行かなくちゃ。なぜだかそう思いました。 喚ばれて飛び出てみたら、悪魔を喚んだのはさえない感じの若い男の子でした。私が何の気なしにグラマラスでセクシーな悪魔衣装で登場したら、どぎまぎして目を逸らしていました。「あら、ごめんなさい。私のセクシーな姿を見るのが恥ずかしいのね」男の子は頷くでもなく否定するでもなく黙っていました。私はロリっ子体型に姿を変えました。周りを見回...

親父の家政婦だった女 第十九話

第一話へ第十八話へ...

親父の家政婦だった女 第十八話

第一話へ第十七話へ...

親父の家政婦だった女 第十七話

第一話へ第十六話へ...

親父の家政婦だった女 第十六話

第一話へ第十五話へ...

親父の家政婦だった女 第十五話

第一話へ第十四話へ...

親父の家政婦だった女 第十四話

第一話へ第十三話へ...

親父の家政婦だった女 第十三話

第一話へ第十二話へ...

親父の家政婦だった女 第十二話

第一話へ第十一話へ...

全国中学校対抗ペイント弾合戦 第八話

第一話へ第七話へ...

Appendix

プロフィール

右斜め下

Author:右斜め下
人が苦しむ物語が好きなんだけど、苦しんでいれば何でもいいってわけでもない。
自分でも「こういう話が好きです」と一言で言えないから、好きな話を自分で書いてしまおうと思った。
SとかMとかじゃないんだ。でもどっちかっていうとM。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR