FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wrightdown.blog.fc2.com/tb.php/116-f17e4a05

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

親父の家政婦だった女 第五十二話

第一話へ
第五十一話へ

 出る。

 俺は慌ててペニスから手を離して云った。
「出そうっ!」
 すると西岡は
「だめです」
 冷酷に、ゆっくり、落ち着いた声で、そう宣告した。
 ペニスの先から粘り気のあるゼリー状の白いものが噴出した。噴出した最初の一陣は、一メートルも飛んで床を汚した。射精してしまったのだと知った。

 ぶりゅりと質量のある感覚であった。粘度の強い、張りのあるゼリー状の液体が、次から次へと送り出されてきて、ペニスの中を通っている! 何度も限界の直前まで高めて極めて敏感になっている亀頭の内側の管を押し広げるように快楽の蛇が何匹も内側から外へと飛び出すのであった。膝がガクガクと震えるのを感じた。びゅる、びゅると、とどまることを知らない連続した快楽の脈拍が打つ度に、下腹部全体、下半身全体を、甘い痺れが襲った。
「出してしまわれましたね」
 西岡の目の色が変わった。ぎらぎらと輝くような嘲りと喜びをもって、ずいと距離を詰めて俺に近づいた。
「出してしまわれましたね!」
 西岡の表情には確かに、喜びが見て取れたが、その食らいつくような剣幕に俺は恐怖を感じた。

 西岡はまだガクガクと震えている俺の脚にすがりつくように絡み付いた。まだ続いていた射精の余波が、びゅるっと小さく飛んで西岡のブラウスを汚した。俺が普段見知っている白い精液よりも、黄味がかってどろりとしていた。

 構わず西岡は俺の脚をがっちりと抱き止めて、まだ射精の余波が治まりきっていないペニスをかぷりと口に含んだ。西岡の熱い唇が包皮を完全に剥き上げ、亀頭とそして雁首をなぶり回した。射精直後の亀頭はただでさえ敏感になると云うのに、こんな激しい射精をした後の余韻に浸る間もなく舐め上げられたのだからひとたまりもない。
「よせ! 待っ……やめろ! ホント……お願い! やめて! やめて」
 俺は思いつく限りの嘆願の言葉を並べたつもりだったが、「お願い、やめて」よりも強い嘆願の言葉を思いつかなかった。

 西岡は俺の嘆願を無視した。両腕で俺の膝を抱え込んで密着して、決して離れようとしなかった。そうして執拗に亀頭だけを舐め回す。時により前歯を使って亀頭をこするようなこともあった。俺の膝は、震えなのか、痙攣なのか、或いはただ西岡から逃れるために暴れただけなのか、ガクガクぶるぶるとさっきよりも大きく暴れ出したが、西岡に抑え止められていて彼女の魔の手から逃れることはできなかった。

 残酷な亀頭責めは、容赦なく続いた。俺は逃れるところのない強すぎる刺激にただ耐えるほかなかった。この刺激を快楽と呼ぶべきかどうかは――俺にはわからない。身を捩っても、脚をばたつかせても、西岡の頭を掴んで引き剥がそうとしても、決して逃れることのできない地獄のような刺激。

 しかし、そんな苦しい刺激で、俺は二度目の射精をしてしまった。

 二度目の射精は一度目のような甘美な快楽を伴わなかった。精液の粘性は強く、尿道を圧し広げるようにして出てくることは変わらなかったし、刺激が強烈であることもまた同じであったが、その強烈な刺激は気持ちよいと呼べるようなものではなかった。泣きたくなるほどの苦しい射精であった。
「んんっ」
 西岡は口の中に俺の精液を受け止めたようである。ペニスが何度か脈打って中の精液を全て西岡の口内に発射してしまうまで、西岡は「んん」と声を漏らしながら口で精液を受け止めていた。

 西岡の口がようやくペニスから離れて、彼女は俺の出した精液を飲み込んでしまったようだった。
「罰ゲームですわ、『だめです』って云ったのに出してしまうんですもの」
 西岡は口の端に垂れた精液を手のひらで拭い、はあはあと荒い息を整えながらいたずらっぽく笑った。むちゃくちゃなことをする女である。俺は一度目の強烈な快楽と、その後の苦しみに満ちた亀頭責めと苦痛に満ちた射精の連続に翻弄されて、消耗しきってぐったりしていた。いたずらっぽく笑う西岡に文句を云う元気も、また怒る元気もなかった。

 俺がぐったりしているところへ、西岡が貞操具とウェットティッシュを持って近づいてきた。「ああ、また貞操具の籠の中に入れられるんだな」と頭では理解していた。なるほど、ゲームに負けたのだから文句は云えまい、と諦めてもいた。そもそも抵抗する力が沸き上がってこなかった。もし仮に、貞操具でなく、他のもっと苛烈な拷問器具を取り付けられようとしていたとしても、二度の射精を経た後のこの無気力では抗えなかったろう。

 かくして俺はまた貞操具の中に囚われた。まだ頭がぼんやりしている俺に、西岡は手取り足取り、パンツを穿かせ、敷き布団を整えて俺をそこに寝かせ布団を掛けて、それから床に飛び散った俺の精液を綺麗に清掃して、おやすみなさいませと丁寧に一礼して部屋の電気を消して出ていった。

第五十三話へ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wrightdown.blog.fc2.com/tb.php/116-f17e4a05

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

右斜め下

Author:右斜め下
人が苦しむ物語が好きなんだけど、苦しんでいれば何でもいいってわけでもない。
自分でも「こういう話が好きです」と一言で言えないから、好きな話を自分で書いてしまおうと思った。
SとかMとかじゃないんだ。でもどっちかっていうとM。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。