FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wrightdown.blog.fc2.com/tb.php/70-f1d98628

トラックバック

[T2] まとめtyaiました【聖トリニティ退魔士会 第十四話】

第一話へ第十三話へ「初めまして。牧師の山下あきほと申します。明日からの見学の、案内を務めさせていただきます。よろしくお願いします」

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

聖トリニティ退魔士会 第十四話

第一話へ
第十三話へ

「初めまして。牧師の山下あきほと申します。明日からの見学の、案内を務めさせていただきます。よろしくお願いします」
 何だか登場人物が多すぎるなあ。今度は山下あきほさんか。いい加減憶えきれなくなってきた。とはいえ、大きな組織だ。今まで俺たち見学者を案内してくれていた松枝さんは、引き続き一般用の見学ツアーを案内するし、俺は関わらないのだろう。その前に俺に関わってくれていた大原さんとか池田さんの顔はもうよく思い出せない。とりあえず、俺は明日からこの山下さんについていけばいいのかな。頭がそろそろ思考停止してきた。それに何だか、山下さんは聖女という言葉がぴったり似合うような、すごい美人だ。
 武田司祭が云う。
「山下さん。明日から、この中村大樹さんに、ここでの牧師の生活について、色々と見せてあげてください。頼みましたよ」
「はい先生。では中村さん、宿舎にご案内します。ついて来てください」

 山下さんに案内されて夜道を行く。道は完全に真っ暗闇になってしまった。山下さんは俺にぴったり寄り添い、懐中電灯で足元を照らして俺を気遣ってゆっくり歩いてくれた。
 歩きながら、山下さんは俺の今までの日常生活、家族のこと、大学のこと、『もみの木の会』でのこと、などについて色々と話を聞いてくれた。山下さんはそれらのことについて根掘り葉掘り訊くでもなく、聞き流すでもなく、心地よい相槌と共感を示してくれた。それで、俺もついつい色々なことを話したくなってしまうのだった。

「着きました、ここです」
 山下さんは歩を止めたが、それは俺が最初に案内された見学者のための宿舎ではなかった。山下さんは、牧師のための宿舎だと説明してくれた。
「だって、中村さん、他の見学者のところに戻って、『君たちと別の見学コースになったからサヨナラ』って云うの、気まずくないですか? ですから、今夜から私と同じ牧師用の宿舎に泊まってください。中村さんの荷物はあとで退魔士に届けさせますから、ご安心ください」
「はぁ」
 確かに、面と向かってそれを云うのは少し度胸が要る。それに、もうここまできたらじたばたしても仕方がない。とりあえずあと四日、見学が終われば東京に帰れるのだから、今は云われた通りにしておこう。
「では、こちらの部屋へどうぞ」
 通された部屋は、質素ながらもきれいに手入れが行き届いている西洋風の造りで、壁際にデスク、反対側にベッドが一つ置いてある。
「今日はお疲れでしょうし、明日の朝も早いですから、お早めにお休みください」
 山下さんはそう云って部屋を出て行ってしまったが、何か色々ありすぎてすぐには眠れそうにない。それに俺の荷物が手元にないから何かしようにもできない。ベッドに腰掛け大きくため息をついた。そうこうしているうちに山下さんが戻ってきた。手には布団を抱えている。

第十五話へ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wrightdown.blog.fc2.com/tb.php/70-f1d98628

トラックバック

[T2] まとめtyaiました【聖トリニティ退魔士会 第十四話】

第一話へ第十三話へ「初めまして。牧師の山下あきほと申します。明日からの見学の、案内を務めさせていただきます。よろしくお願いします」

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

右斜め下

Author:右斜め下
人が苦しむ物語が好きなんだけど、苦しんでいれば何でもいいってわけでもない。
自分でも「こういう話が好きです」と一言で言えないから、好きな話を自分で書いてしまおうと思った。
SとかMとかじゃないんだ。でもどっちかっていうとM。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。